賃貸のデザイナーズマンションには様々な造りがあります

賃貸住宅物件の種類について

賃貸住宅物件には、様々な種類があります。大別すると、アパート、賃貸マンション、一戸建てに分けられます。その内、最も件数が多いのがアパートです。木造、もしくは軽量鉄骨の2階建てか3階建ての物件が多く、都市部のみならず地方でも必ず物件があり、選び易いのがメリットです。又、家賃も低目である事が殆どで、住宅費を低く抑えたい場合には、好適な選択です。

賃貸マンションの場合は、重量鉄骨造、鉄筋コンクリート造、鉄筋鉄骨コンクリート造の、3階以上の建物である事が多く、アパートより防音性能や断熱性能の点で有利です。物件は都市部に多く、アパートより家賃は概して高めになりますが、前述したメリットを重視するなら、こちらの選択が良いでしょう。

又、一戸建ての賃貸物件は、件数としてはアパートやマンションよりも少な目になりますが、地方にはよく見られます。殆どの場合木造で、平屋から3階建てまでである事が普通です。庭いじりをしたい場合や、室内で子供を伸び伸び遊ばせたい場合などに、適していると言えるでしょう。その他には、メゾネットタイプの物件もあります。アパートの1階部分と2階部分を階段で繋げたような形態で、それを一所帯で使う形式です。小さい子供がいるような場合には、アパートよりも向いています。

Copyright (C)2017賃貸のデザイナーズマンションには様々な造りがあります.All rights reserved.